レンタルサーバーで広告を貼ったサイトを運営する

自身が運営するウェブサイトに広告を貼る人が増えていますが、そういった人たちにとってレンタルサーバーの選択は非常に重要になります。
なぜかというと、まず第一にサーバーが安定して稼働していないと広告を見てもらえない、あるいはクリックしてもらえません。



なので、ちょっとでもアクセスが増えると不安定になってしまうというサーバーでは困るわけです。

OKWaveのための情報を提供するサイトです。

レンタルサーバーによっては月ごとに稼働率を表示しているところがあるので、そういったものを参考に選ぶと当たりのサーバーを見つけやすくなるでしょう。

次にスペックの問題です。

レンタルサーバーも家庭で利用するパソコンのように、CPUがマルチコアでメモリをたくさん搭載していた方が速く動きます。

速いサーバーは検索エンジンにも評価されるようになっていて、SEOの観点からすると非常に有利です。

もちろん、表面上のスペックがよくても、利用者が多すぎて重くなってしまっているというのでは論外ですが、利用者数を抑えている安定して速いサーバーを見つけられれば理想といえます。そして、規約の問題です。


レンタルサーバーの中には商用利用を禁止しているところがあります。
商用利用とは、ウェブサイトで物を売ってはいけないといったことですが、拡大解釈して広告を貼ることも禁止としているところも存在しています。


そういったサーバーで広告を貼ったウェブサイトを運営していると、規約違反でアカウントが凍結されてしまうので注意が必要です。