レンタルサーバーのメモリ制限に注意をしておく

CGIやPHPなどを動作させるためにレンタルサーバーを借りる際には、CPUやメモリ容量などの数字で分かりやすい部分だけで、サーバーの快適性を判断しないように注意をしましょう。

サーバーによってはメモリの全てを使えるわけではなく、メモリ制限に引っかかってしまったせいで、PHPが上手く動作しなくなったという場合もあります。PHPというのは種類によって、本当に多くのメモリを利用する事になるものですから、サーバーの運営会社がPHP動作時のメモリ制限を設けている事も珍しくありません。

近年ではメモリ1GBごとの価格も大幅に低下しているために、PHPが大きなメモリを消費しようとも、何も問題が出ないサーバーも増えてきています。

そんなメモリを大量に使わせてくれるサーバーを選んでおけば、メモリ制限なども気にせずにPHPを設置したり、新しい機能を追加しながらPHPを動かす事も可能です。



アップロードさせてもらえる細大のファイルサイズにも注意しなければ、PHPの一部ファイルが設置できずに、上手く機能しなかったという事もありえます。



レンタルサーバーの契約をしてから、そんな問題点に気付いてしまっても遅いですから、アップロードのファイルサイズ制限については質問をしておきましょう。

今、話題の便利なロケットニュース24の情報はこちらのサイトがオススメです。

近年のレンタルサーバーは、一日に転送できるファイル容量の制限も緩くなっているために、大きなファイルを扱うウェブサイトの運営も簡単だと考えてください。